バターバトラー

フランスの焼き菓子【フィナンシェ】についての歴史とマドレーヌとの違いを解説

この記事では僕の大好物である「フィナンシェ」について書いています!

フィナンシェはフランスを代表する焼き菓子の一種です。

そのシンプルな美味しさからヨーロッパはもちろん、日本でも馴染みのあるお菓子です。

個人的に一番好きなフィナンシェはバターバトラーのバターフィナンシェです。

別の記事でも書いていますが、今まで食べてきたフィナンシェと比べ物にならないくらい美味しいフィナンシェです。

今回はフィナンシェの歴史やよく間違えられるマドレーヌとの違い何かを書いていきます。

それではどうぞ!

フィナンシェの由来

「フィナンシェ」と名付けられたのは19世紀のパリが発祥だといわれています。

パリの証券取引所があるサン=ドゥニ通りで菓子職人ラヌが作ったとされています。

金融家たちが服を汚さずに食べれるように、金の延棒(インゴット型)の形にしたりと工夫が施されています。

その形から金融街で働く人にとって縁起の良い食べ物として人気となりました。

フィナンシェは昔から庶民に愛されていたフランスを代表する焼き菓子の一種です。

ネット検索すると【financier(フィナンシエ)】は「金融家」「資本家」という意味も含んでいます。

実はフィナンシェの原型となるお菓子は17世紀ごろには存在していました。

カトリック教会の女子修道会の修道女たちがVisitandines(ヴィジタンディーヌ)という焼き菓子を作っていたとされていて、一説には宗教上の理由で肉が食べれない時の代替え品として「アーモンド」を使用したお菓子が作られたと云われています。

アーモンドが肉に変わるタンパク源だと考えられていました。

このようにフランスでフィナンシェとは馴染みのある食べ物でした。

フィナンシェとマドレーヌの違い

フィナンシェとマドレーヌの違い
フィナンシェマドレーヌ
使用材料小麦粉小麦粉
アーモンドパウダーベーキングパウダー
卵白全卵
焦がしバター溶かしバター
砂糖砂糖
食感表面がカリッとふんわり柔らかめ
一般的な形金の延棒のような「インゴット型」貝殻のような形
発祥地フランスフランス

【フィナンシェとマドレーヌの大きな違い】

  • フィナンシェは【アーモンド・卵白・焦がしバター】を使用
  • マドレーヌは【ベーキングパウダー・全卵・溶かしバター】を使用

まとめ

フィナンシェの由来は金融家たちが食べやすいようにと金の延棒型(インゴット型)で売り出したのが名前の由来です。

金を扱う金融家たちにとって縁起がいいのと、食べやすく美味しかったのでフランスを代表する焼き菓子のひとつとなりました。

フィナンシェとマドレーヌの違いは材料にあります。

最近では作り方や形があいまいになっていますが基本の材料は異なります。

  • 【フィナンシェ】
  • 小麦粉・砂糖・卵白・アーモンドパウダー・焦がしバター

  • 【マドレーヌ】
  • 小麦粉・砂糖・全卵・ベーキングパウダー・溶かしバター

日本人が好きなフィナンシェについてご紹介させていただきました。

フィナンシェにこんな歴史があったなんて…。

日本にも美味しいフィナンシェは色々とありますが、個人的に一番おすすめしたいのは

【バターバトラーのフィナンシェ】です。バターバトラーのフィナンシェは東日本お土産GPで最優秀賞を取るほどの人気っぷりです。その美味しさから現在もファンが増加中です。

もしまだ食べた事ないって方はおすすめですので、よければ食べてみてください!

バターフィナンシェ8個入

最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
ぽぽ
ぽぽ
こんにちは! バターバトラーが大好きな二児の父親「ぽぽ」です。 このブログでは読者に役立つ情報発信を心掛けています! 仲良くしてくれると嬉しいです(*゚▽゚)ノ