マイホーム

家を建てるなら先に土地を探しなさい。

その理由と体験談【2•30代におすすめ】

こんにちは「ぽぽ」です

お読みいただきありがとうございます。

最近、職場の20代前半の後輩から

後輩
後輩

「家づくりって何からすればいいんですか?」

「僕みたいに若くても大丈夫ですか?」

こんな相談をよくされます。

そこでこれから家を建てよう!

と考えている20代・30代の同年代の方へ向けて

家づくりで一番最初にすべきことをお伝えいたします。

結論から言うとタイトルにもあるように

家を建てるなら先に土地を探しなさい。

なぜ土地探しが一番なのかというと

家を建てる土地がないと、家の間取りや駐車場等の設計が全くできないからです。

持っている土地の大きさによって、建てれる家の間取りが変わってくるので、家づくりにおいて土地探しは非常に重要なポイントです。

ぽぽ
ぽぽ

「我が家の土地情報」も参考になるかもしれないので
簡単に書いています。

よければ参考までに!

我が家の土地情報
  • 家族構成   「大人二人、子供二人」
  • 車の数    「2台」
  • 家の間取り  「3LDK・駐車場・庭付きの平家」
  • 家の大きさ  「37坪ほど」
  • 土地の大きさ 「110坪ほど」

私たちの土地探し体験談

私たちも土地探しには苦労しました( ;∀;)

土地探しをやってみて分かった事は、なかなか希望通りの土地を見つけるのは難しい。

「土地はタイミングだ!」なんて言われますが、まさにその通りでした。

希望通りの土地を私のような素人が見つけることは出来ませんし

良い土地にはすでに人が住んでいるか持ち主がいます。

私たちは求める条件が多く、なかなか良い土地が見つかりませんでした。

そこで、条件を絞って考えました。

  • お互いの実家の近く
  • 駐車場付きで3LDKの平家が建てれる大きさの土地
  • 土地と建物の金額のバランスを考える
  • 選んだ土地の周りに変な人がいないか

こんな感じで「これだけは譲れない。」というのを決めました。

すると、この条件にあう土地が一件だけ見つかりました!

調べてみると…地元の不動産会社が所有していたので、早速話を聞きに行きました。

不動産会社
不動産会社

じつはこの土地は「建築条件付きの土地」なんですよ。

ぽぽ
ぽぽ

なんだそれ?

なんでも「不動産会社の指定する建築会社でしか建てれない土地」らしく。

私は父が勤めている工務店で建てたかったのに、土地探しは振り出しに戻りました。

他の土地も再度探しましたが、なかなか良い土地には巡り会えず気持ちも沈んでいきました。

探し初めて一週間程たったある日のことです。

「前に諦めていたあの土地を売ってくれるぞ!」と父から連絡がありました。

詳しい話を聞くと、父の勤め先の社長が不動産会社の社長と知り合いだったようで特別に売ってくれるとのことでした。

まさに、「土地はタイミング」です。

その後は契約もスムーズに進み、前金を支払い土地を購入できました。

まぁ多少足元を見られ多く支払うこととなりましたが、この土地を手に入れることができて良かったです。

運が良かったのもあります。

土地探しはタイミングも重要ですが、もし「コネ」があるなら利用した方がいいです。

「コネ」って大事です。実感しました。

親父と作る最高のマイホーム
実際に住んで想うことまとめました
こんにちは! ローンがあと33年残っている「ぽぽ」です。頑張ります! 読んでいただきありがとうございます! マイホー...

土地選びのポイント

まず、土地選びで必ず意識しておくことは以下のポイントです。

  • 土地にかける予算
  • 「これだけは譲れない条件」を決める
  • どんな家を建てたいか具体的に決める
  • 実際に下見に行く(その時に周りの環境も調べておく)
ぽぽ
ぽぽ

どれも大切なことなので意識して土地探しを行いましょう!

土地の下見をする際に注意したいのが、土地だけをみて周りを見ていない事が多い。(父より)

「土地を買ったはいいが隣に変な人がいた…。」

「家の前が地元の通り道になっていて、音がうるさい」

こんな事にならない為にも、昼や夜も下見に行くと周りの環境もよくわかるので、オススメです。

ネットで土地探しをする

土地探しをする時ってほとんどの人がネットで住みたい地域の土地情報を検索すると思います。

私も最初はネットで調べていました。

しかしどのサイトも同じ物件ばかりが出てきて困ります。

そこで、建てたい地域の市役所のHPを見てみると、市役所が管理している土地や中古物件情報があります。

ここを意外と見ていない人が多いので、掘り出し物が見つかるかもしれません。

ぜひ土地探しの際は、市役所のHPもチェックしてください。

自分で足を運んで土地を探す

ネットや不動産にいい土地がない場合、返事を待っていても仕方ありません。

そんな時は足を使って探しましょう

ぽぽ
ぽぽ

こんな方法があります。

  1. 知り合いから購入する
  2. 不動産屋と親しくなり売却前の情報をもらう
  3. もしコネがあれば、協力してもらう
  4. 土地の持ち主に直接聞く

①知り合いから購入する

自分の友人や知り合いから土地を購入する方法です。

うまくいけば不動産屋に仲介手数料を払わなくていいのですが、以下のような注意点もあります。

  • トラブルになる可能性がある
  • 関係が悪化するかもしれない

全て自己責任で行うため、知識が必要となってきます。


②不動産屋と親しくなる

もし、不動産屋と仲良くしていたら売却前の土地の情報を教えてくれたり、土地に詳しい人を紹介してくれるかもしれません。

まだ表に出ていない物件等の情報は建築関係の方が欲しがっている宝物の様なものです。

こういった関係を築けると良い情報が入ってくるので、理想の土地に出会える可能性が高まります。

実際に建築会社で働く父も、色々な不動産屋の方からまだ表に出ていない情報をよく貰うそうです。

不動産屋も早く売れたら儲けになるのでお互いにメリットがある取引だと言えますね。


③コネがあれば協力してもらう

コネというとズルく感じてどこか聞こえが良くないかもですが

「ある」と「ない」では全然違います。

「ある」なら協力してもらいましょう。

コネがあれば普通なら無理な事が可能になったりすることもあります。

私の場合は「買えない土地を買うことができた」ことです。

もし協力してもらえるなら、大きな助けとなるはずです。


④土地の持ち主に直接聞く

「どうしてもここが良いんだ!」という場合には

直接、土地の持ち主に聞きましょう。

もしかしたら売ってくれるかもしれません。

行動してみないとわからないです。

父の勤め先でもお客さんから「どうしてもここがいい!」と言われた場合は、土地の持ち主と直接交渉することもあるようです。

なので、交渉次第では売ってもらえる可能性があるということです。

個人での交渉となると後々、トラブルにならないように注意しましょう。

まとめ

土地選びのポイント

  • 予算を決める
  • 「これだけは譲れない条件」を決める
  • どんな家を建てたいか具体的に決める
  • 実際に下見に行く(その時に周りの環境も調べておく)

土地探しのポイント

  • ネットを活用
  • 市役所のHPもチェック
  • 知り合いから購入する
  • 不動産屋と仲良くする
  • コネがあれば使う
  • 土地の持ち主に直接交渉する

「土地はタイミングが大事」です。

自分たちが良いと思う土地を買うことは家づくりにおいて非常に重要なポイントです。

周りの環境が悪いと、そこで住むのは辛いものがあります。

よく「人生で一番大きな買い物」といわれている家ですが

それと同じくらい「土地選び」が大事です。

今回の記事があなたのお役に立てたなら幸いです。

他にも知りたいという方はこちらの記事も役立つと思うので、よければ読んでみてください!

感応度逓減性とは? こんにちは! 読んでくれてありがとうございます! 最近あった嬉しいことはマクドナルドで買ったポテトが揚げたてでめちゃくちゃ...
【注意】光回線工事の思わぬ落とし穴〜「まさか…我が家が。」 こんにちは「ぽぽ」です。 光回線工事をする際の「まさか…」のトラブルを回避する方法を伝えます。 実際に光回線工事で...
親父と作る最高のマイホーム
実際に住んで想うことまとめました
こんにちは! ローンがあと33年残っている「ぽぽ」です。頑張ります! 読んでいただきありがとうございます! マイホー...
ぽぽ
ぽぽ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

                             おわり

ABOUT ME
ぽぽ
ぽぽ
こんにちは! バターバトラーが大好きな二児の父親「ぽぽ」です。 このブログでは読者に役立つ情報発信を心掛けています! 仲良くしてくれると嬉しいです(*゚▽゚)ノ