仕事

工場勤務歴10年目の私が伝える!
工場あるある50選!「食品工場編」

こんにちは!

正月にカキの食べ過ぎで腹を下した「ぽぽ」です。

一晩中トイレから出れませんでした。もう懲り懲りです。

私は工場勤務をして今年で10年目になります。

この10年間で「食品工場7年」「大手住宅メーカーの工場3年」を経験しました。

働いた中で「これはあるあるでは?」と思ったことをまとめました!

「あーそれあるあるだわ!」と共感して頂ければ嬉しいです。

タップ出来るもくじ

食品工場あるある

1:工場に入るのに時間かかる

靴の消毒、帽子のネットから髪が出ていないか、服をローラーでコロコロする。

それが終われば、2分くらいかかる手洗いが待っている。

出るのは簡単だが、入るのは難しい。

2:エアーシャワーが楽しい

工場内に入室する際に服についた埃やゴミを取り除くために使用する。

「ゴーーッッ」と大きな音がして強い風が吹き出てきます。

ちょっと楽しいです。

3:食中毒菌を自然と覚えてしまう

手洗い場や工場のドア付近には必ずといっていいほど、食中毒菌のポスターがありました。

キャラクター化されていて、自然と覚えてしまう。

手洗い大事!食中毒危険!会社潰れちゃうかもよ?

食品工場で働く際には手洗いをしっかりしましょう!

4:納品業者の指にタトゥーが

私が働いていた工場では納品時に納品書にサインする必要があります。

その時に業者さんの手が見えるのですが、ゴリゴリのタトゥーが入っている方でして、当時は怖かったです。

他の業者さんでも何人か似たような方もいたので、納品業者あるあるかもしれません。

5:マスク美人、イケメンがいる

今のご時世はマスクが当たり前になりましたが、食品工場では飛沫防止の為にマスク着用が普通です。

みんな工場内ではマスクをしているのでほぼ目しか見えません。

なので、マスク美人やイケメンが何人かいました。

たまたまマスク美人がマスクを外した時に、ギャップで驚いた経験がある方も多いんじゃないでしょうか?

私はマスクマジックと呼んでいました。

6:外国人技能実習生がいる

私はベトナムやフィリピンの技能実習生と働いたことがあります。

ただそれに伴い会社の違法な働かせ方が問題となっています。

若くて意欲ある子を安い給料で雇えるので会社からしたら嬉しいですよね。

そんな事をする企業が少なくなれば良いのになと思います。

7:おい!臭いぞ!

夏場の工場のゴミ捨て場は最悪です。

まるでジャイアンと二人でカラオケにいくようなものです。

8:作業着に匂いが

食品工場で仕事していると、仕事終わりには自分の作業着からお弁当箱みたいな匂いがします。

毎日の洗濯とファブリーズは欠かせません。

9:会社の飲み会で…

食品工場では多くの業務用食材を使用しているため、他の飲食店で会社の飲み会をしているときに

「この商品、〇〇のやつだろー?」と自慢する人がいます。

「だからなんだよ」と思います。

10:トイレの掃除にこだわりあり

飲食の仕事をしていると当てはまるかと思いますが、トイレ掃除にこだわりすぎています。

トイレをピカピカにすることに情熱を注いでいる企業も多いと思います。

私は1時間くらいトイレを磨きなさいと教わりました。

「いや、業者に頼めよ!」と思った方も多いんじゃないでしょうか?

11:自社製品を強制購入させられる

例えばシーズンによって異なりますが、「おせち」「節分」「花見」など各種イベントの際には従業員は強制的に自社商品を購入しなければなりません。

それが暗黙のルールでした。

他の食品工場で働く知人も同じことを言っていました。怖いですね〜。

12:製造メンバーにも営業売り上げノルマがある

イベント等の際は「社員協力販売」の名のもとに一人当たりの売り上げノルマが課せられる。

「えっ…ノルマを達成できなかったらどうなるの?」

給料天引きされるよ!

13:カキを食べてはいけない

ノロウイルスの危険があるからですね。

私も働いていた7年間はカキを食べていません。

この正月に調子に乗って食べすぎたらトイレから出られなくなりました。

14:年配の方が多い

人の入れ替わりが多くあり、昔からのベテランが残っている

若い人もなかなか来ないので、年配の方が中心の職場になる

入ってくる人も年配の方が多い傾向がある

15:食材に適した温度

多くの食材を扱うので、食材に適した温度下で作業をする。

冬場はかなり寒いです。

パートさんの中には、作業着の下に何枚も服を着ていたり、靴専用のカイロを使用している人が多かった。

16:夏場の調理場の暑さは異常

夏場に大釜でカレーを作っていたのですが、あまりの暑さに倒れそうになった事がありました。

調理場は火や油を使うので温度が他の作業場と比べて高くなります。

また、作業員も帽子にマスクに長袖にとフル装備で調理をするので、汗をたくさんかきます。

スキーウェアを着てサウナに入るくらい暑い!

水分補給と休憩は命綱です。

17:真空冷却機の水の行き先は?

食材を冷やす際は真空冷却機を使います。

この機械を使用すれば数分で食材の温度を下げることが可能です。

この時に機械からいきおいよく水が排出されます。

私のいた工場は床がボロボロでしたので、排出した水がなかなか排水溝に流れず、小さな水溜りができていました。

18:次亜塩素酸ナトリウムって実はあれだった

食品工場に必ずある「次亜塩素酸ナトリウム」

実は昔から身近にあったものでした!

学校のプールの匂いといえば多くの方が知っていると思います。

あの匂いと全く同じなんです。殺菌のために使用されていたんですね。

多くの食品工場で使用されています。

19:味見?つまみ食い?

食品を扱うので味見は必ず必要な工程です。

ただ、中には味見と称してつまみ食いや食事をする方もいました。

モラルとは一体…。

唐揚げとか最後何個か足らなくなる時ありました。

20:たまにはオシャレに

研修や打ち合わせ等で工場の作業員が社外に行く時があります。

その際にスーツを着るのですが、普段着ていないので工場や事務の人から珍しいものを見るかのように見られます。

なんなら自分もちょっとキメてます。

21:調理場からの冷凍庫

これはマジで気持ちいいです。

サウナあるじゃないですか?

あれの気持ちいい状態と似ています。整います。

22:部署間の仲が悪い

結構色々な業種のあるあるかと思います。

「配送は早く出荷したい」VS「製造は計画通りに作る」みたいによくなっていました。

お互いに尊重し合うのが大事ですね。

23:人が長続きしない

飲食関係は結構ブラックな職場が多いので、当然私がいた工場でも新しい人は長続きしませんでした。

長時間労働・低賃金・パワハラが当たり前のようになっていました。

こうゆう職場はまだまだ多いのが現状ですね。

24:トラブル時の人間の力すごい

トラブル等により製造遅れが発生した場合、部署関係なく工場に人が入って人海戦術のように生産していました。

この時の上司の判断、現場同士の連携はとても気持ちよかったです。

美しいチームワーク。

まるでアベンジャーズだった。

25:新卒2年目の謎プレッシャー

新卒2年目の時に中途採用のおじさんが私の部下となった。

「なぜ俺なんだ?」という疑問しかなかった。

お互いに距離感が分からず、しばらくしてそのおじさんは退職しました。

まぁ勉強になりました。

若いからというだけでこんな無茶振りをされた人も多いのでは?

26:タバコ一本

ベテランに多いのが「ちょっとタバコ一本だけ!」です。

「いや、休憩時間まだだよ?」と思いながら、ベテランなので口には言えず。

これには不公平を多くの方が感じたはずです。

27:仕事終わりのフィッシング

工場の裏側が海なので

工場の釣り好きたちは仕事が終わると車から釣り竿を出して

そのまま釣りをしていました。

ONとOFFの切り替え早すぎ…

28:玉ねぎの仕込みは地獄

玉ねぎの仕込みをする際は目がやられます。

一回で200キロ位カットするので必ず目がやられます。

あと、皮付きだと仕込みの効率が悪いのでより嫌になる。

29:工場に受け継がれし

工場に受け継がれし味がある。

秘伝のレシピがあって、その通りに作らなければならない。

だいたい創業者が作ったものが多い。

30:米ラインは掃除が大変

米を炊くラインは後片付けもかなり大変です。

米が乾燥して掃除しても取れなかったり、ノリみたいになって引っ付くので

手でこすって掃除しなければならない。めちゃくちゃ時間かかる。

31:夜勤だと時間感覚が狂う

集中していたら、「えっもうこんな時間!?」と驚くことがある

逆に「えっまだ5分しか経ってないの!?」も驚く。

32:時間が違う

いつも目にする時計がいつの間にか止まっている。

別の場所の時計で気づく。

だいたい工場の高い場所についてあることが多い。

33:担当者の代わりがいない

夜勤中に調理作業員が休んだ場合に変わりをできる人がいないか、限られている。

だいたい、寝ている上司を起こして早出してもらう事になる。

そもそも仕組みが出来てない事が多い。

34:ボーナス支給時に思うこと

今まで辞めようと思っていても、ボーナスをもらうと

「まぁもう少し頑張ってみるか」と思うのは私だけじゃないはず。

35:HPを見てびっくり

職場のHPを見てびっくり。

「これは別の会社では?」と思うほど違う。

職場にこんな若い人いないし、こんな笑顔で働いている人を見た事ないぞ。

36:消えた休憩時間

製造を優先するので遅れている時は休憩時間がなくなる時があります。

「休憩時間は自分で作るもの」という謎の教えもありました。

37:飲み会が楽しい

飲み会時にはみんな酔っ払っているので、普段言えないような事や、聞けない話がぽろっと聞けたりします。

飲み会きっかけでプライベートでも遊ぶ人が増えました!

38:原価がわかる・わかる・わかるぞー

何年も働いていると食材の原価が一目見ただけでわかる。

つい、プライベートでも原価を考えて買い物している時がある。

39:棚卸しは心理戦

毎月の棚卸しは上司との心理戦でした。

現場としては急な受注に備えて多少でも在庫を抱えたいものですが、

原価計算をしている上司の承認をもらわなければ発注できません。

そのため、なんとか許可をもらうために上司との心理戦が毎月ありました。

40:おばちゃんボス

何十年も働いているパートのおばちゃんを敵にまわすと仕事できない。

いわば、工場の裏ボスみたいなものです。

味方につけるとこれ以上頼もしいものはない。

41:やっぱりすごいよ工場長

数年ごとに工場長が交代していました。

どの工場長も「責任感」が誰よりも強かった!

かっこよかったです。ただ、みんな怒ると誰よりも怖かった。

42:お客さんからの言葉が嬉しい

いつもは工場内で仕事していますが、人手不足で配達を手伝う事もありました。

その時にお客さんから感謝されると、めちゃくちゃ嬉しいです。

普段、お客さんと会うことはないので改めて飲食の仕事は気をつけなければいけないと思います。

43:衛生状態には気を付ける

食材を取り扱うため、温度管理、体調管理、保管方法、清掃方法等にかなり気をつけています。

全てはお客さんが安心して食べれるようにするためです。

食中毒の怖さを飲食関係で働く人ならよくわかるはず。

44:俺が入社した時は〜

入社した時にネットで見た「俺が入社した時は〜」って言う人がいました。

そういう人は「俺流のやり方」をゴリ押ししてくる傾向があります。

7年間で何人かそういう人に会いました。

意外とあなたの近くにいるかも?

45:髪や爪を伸ばしてはいけない

食品を扱うので仕方ないですが、髪や爪が長いと衛生的によくないです。

当時、深爪になるくらい切っていました。

お客さんに安心して食べてもらう為には大事な事です。

46:消える派遣社員

ある日、人員補充のために派遣社員が数名現場にやってきて

一週間もたたないうちに、連絡が取れなくなったり、休む事が増えて来なくなるパターンが多かったです。

あれは幻だったのでしょうか?

47:その名は「宮島」

大釜で食材を混ぜる際に使用する大きなしゃもじの事です。

1メートルを超えるものもあり、男心をくすぶる一品です。

私はその宮島(みやじま)で同期の子とふざけ合ってたら工場長にキレられました。

調理器具は正しく扱いましょう!

48:大釜のガス抜きはビビる

大釜は内部に高音の水蒸気を溜める層があり、その水蒸気の熱を利用して調理します。

使用後は大釜の栓を抜くのですが、高音の水蒸気が一気に噴出するので注意しなければやけどしてしまいます。

「ピーーーーーーッ」と高音を出して水蒸気を噴出するので初めての人はびっくりしたはず。

49:気がつくと労働時間がエグい

基本的に人数が少ないので個人の作業量が多くなりがちになります。

その為、気がつくと今月こんなに働いたの?となる時も少なくありません。

ひどい時は二枚目のタイムカードを使用していました。(ダメなやつ。)

50:盛り付けに全振りした人がいる

食材を盛り付ける際に「ステータス盛り付けに全振りしたんですか?」

ってくらい盛り付けが綺麗で早い人がいる。

左手に唐揚げ、右手にキャベツ持っている時は驚いた!

本人に聞いたら長年の練習の賜物だとのこと。

何かを極めた人はすごいと思う。

ブログ開始2ヶ月でこうなった! こんにちは! 最近、奥さんからヒゲが汚いと言われて脱毛しようか悩んでいます。 「ぽぽ」といいます。よろしくお願いします。 ...

まとめ

最後まで50個もお読みいただきありがとうございました。

私が働いた中で体験したことを中心に紹介しました。

「あーこれあるわー」と感じていただければ嬉しいです。

どちらかといえばブラック気味ですが、正直働く職場によって変わるので働いてみないとわかりません。

私もブラックな職場だなと自覚しながら働いておりました。

苦しいことも多かったですが、楽しいこともありました。

今はその経験を活かして新しい仕事を楽しんでいます。

また、食品工場や飲食業界に興味のある方の参考になれれば幸いです。

今日も1日ゼロ災でいこうヨシッ!

                            おわり

ABOUT ME
ぽぽ
ぽぽ
こんにちは! バターバトラーが大好きな二児の父親「ぽぽ」です。 このブログでは読者に役立つ情報発信を心掛けています! 仲良くしてくれると嬉しいです(*゚▽゚)ノ